才能教育研究会(スズキ・メソード)

━━━才能教育研究会(スズキ・メソード)

  • 才能教育研究会は、 “どの子も育つ、育て方ひとつ”という「母語の教育法」の理念に基づき、ヴァイオリン、ピアノ、チェロ、フルートなどを中心に幼児からの音楽教育を行っているユニークな教育団体です。
  •  この「才能教育」は、当研究会創始者・鈴木鎮一(1898~1998)にちなんだ「スズキ・メソード」の名で、 国内はもとより広く世界に普及し、単なる音楽教育の域を越えた人間教育として注目を集めております。
  •  鈴木鎮一氏は、 1930年代から、江藤俊哉・豊田耕兒 氏などの優れたヴァイオリニストを育て、それらの経験を踏まえ、1946年(昭和21年)、長野県松本市に「松本音楽院」を設立しました。これが才能教育研究会の出発点です。
  •  以後、鈴木鎮一とその賛同者の努力により「才能教育」は 次第にその理解者の輪を拡げ、1950年(昭和25年)には文部省(現在の文部科学省)から社団法人の認可を得て、社団法人才能教育研究会として今日に至っています。
  • 現在、国内においては、3~10歳を中心に約2万人 の子供たちが、約1000名の先生の指導の下、全国各地の教室でヴァイオリン、ピアノ、チェロ、 フルートなどのレッスンを受けております。
  • また、海外においても、スズキ・チルドレンはその数を増やしております。 世界40ヶ国、特に米国では、 30万人にのぼる子供たちが「スズキ・メソード」によりヴァイオリンやピアノ、チェロ、フルートなどを習っています。
  • 「才能教育」は決して天才教育ではありません。
  • すべての子ども達が等しく持っている能力を、バイオリンやチェロなどの音楽教育を通じて、ひとりの落後者も出さずにどう伸ばしていくか、そして高い感覚・美しい心をどう育んでいくか、という人間教育そのものです。
  • その基本にあるものは、
  • ・子どもは誰でも育て方ひとつで高い能力を発揮する。
  • ・その為には、母親が我が子に言葉を教える時の、あのほとんど無意識の教育法を用いれば良い。
  • という発想です。このため「才能教育」(スズキ・メソード)は "母国語の教育法"とも呼ばれています。 本会の目的とする所は、このように幼児期に心豊かな土台を作ってやることにより、この子ども達が大人になった時に文明が大切な命や文化遺産を破壊していくような社会でなく、全世界の人達が幸せに生活出来る社会をつくる一員となる事です。



hachiouji.bmp